Shiftall、ネットとつながる手書きメモデバイス「Croqy」発表--スマホとも同期可能

山川晶之 (編集部)2021年01月12日 20時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック傘下のShiftallは1月12日、ネット接続型の電子メモデバイス「Croqy(クロッキー)」をCES 2021で発表した。同時に開催する「CES 2021 Panasonic in Tokyo」において、完全招待制で実機を展示するという。発売は、2021年1〜3月ごろを予定しており、希望小売価格は税込1万9999円。

キャプション

 Croqyは、タッチ対応の電子ペーパーを採用したメモデバイスで、タッチペンで書いた文字や絵を別のCroqyや、専用アプリをインストールしたスマートフォンと同期できるのが特徴。ネットワークサービスやスマートフォンアプリは無料で利用できる。

 同社では、手書きならではの味やイラストが添えられるメモと、離れた場所でも意思疎通できるメッセンジャーアプリの利点を兼ね備えることで、新たなコミュニケーション需要を見込む。使用例として、孫が書いた手書きメッセージを離れて住む祖父母のCroqyに送ったり、子供が書いたメモを両親が出先からスマートフォンで確認などを挙げている。

キャプション

 表示部に電子ペーパーを採用したことで、メモは常時表示可能。1回の充電で約2カ月(1日10分間の書き込み、更新間隔30分)利用でき、インターネットに接続したあとであれば、メモを書いて送信ボタンを押すだけのシンプルなUIにより、子どもや高齢者でも難なく利用できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]