「Oculus Quest 2」、複数アカウントに対応--アプリ共有も可能に

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月19日 10時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Quest」が、ほかのユーザーと共有しやすくなる。

Oculus Quest 2
Oculus Quest 2
提供:Scott Stein/CNET

 Oculus Questで特に困る点の1つは、ログインにFacebookアカウントが必要となった点以外に、デバイス1台につき1アカウントという制限があることだった。Facebookは米国時間2月18日、1台のOculus Questに複数のアカウントを登録できるようにすると発表した。まず「Oculus Quest 2」のユーザーに提供し、最終的にすべてのOculus Questユーザーに拡大していく。

 1台のOculus Questに最大3件のアカウントを追加登録できるが、これは実験的な機能であり、Facebookの発表によると「複数のOculus Questを所有する家庭が増え始めたら、変更する可能性がある」という。

 各ユーザーは、自分のFacebookアカウントでサインインしなければならない。また、Oculus Questを所有しているメインユーザーは、購入したアプリをログインした他のユーザーと共有できるが、そうしたアプリの共有状態を他のOculus Questヘッドセットに引き継ぐことはできない。

 引き続き1つのアカウントで複数のOculus Questヘッドセットにログインできるが、他のアカウントとアプリを共有できるのは、そのうちの1台だけだ。この方法を使って、ライブラリーを複数のヘッドセットで誰かと共有することはできない。

 複数アカウント対応とアプリ共有は「実験的機能」として導入されるため、このアップデートが提供されたらOculus Questの設定で有効にする必要がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]