logo

ロボットが牛丼を自宅までお届け--ENEOSら、東京・中央区で実証実験、ビジネス性を検証

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ENEOSホールディングス、ZMP、エニキャリの3社は、2月8日から2月26日にかけて東京都中央区佃・月島エリアで自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験の実施をスタートしたと発表した。

 この実証実験は佃・月島エリアにある住宅地区「リバーシティ21」のマンション群約1000戸を対象にしたもの。特設サイト上から実証実験のパートナー企業10社、10店舗の商品を注文すると、エニキャリのデリバリースタッフ、ZMPが開発した自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」を通じてユーザー宅の近くまでデリバリーし、ユーザーがQRコードをかざすことで受け取れるというものだ。

ZMPが開発した自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」
ZMPが開発した自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」

 ENEOSとエニキャリで受注・集荷・決済プラットフォームを共同構築して運営し、対象住民からの受注からロボットを活用した配送までを行う。デリロの充電・デリバリー拠点としては、東新エナジーが運営するDr.Drive月島SS(サービスステーション)を利用する。

●期間

  • 実証期間:2021年2月8日~2月26日(※)
  • 営業時間帯:12時~14時半、17時~19時半
    ※雨天の場合はロボットによるデリバリーは行わない

●場所

  • 配送先:東京都中央区佃のマンション3棟(リバーポイントタワー/シティーフロントタワー/スカイライトタワー)
  • 自動宅配ロボットステーション:東新エナジー運営Dr.Drive月島SS

●注文可能な小売店

磯丸水産、縁 台湾タピオカ専門店、喫茶パーラー ふるさと、東京メロンパン、築地日進、のりまき屋、松屋、ミニストップポケット、焼肉スタミナ苑、ローソン

 利用の流れは以下の通りだ。

実証実験における商品の流れ
実証実験における商品の流れ

1.エニキャリの宅配プラットフォーム(実証実験専用Webサイト)を通じて注文する

実証実験専用Webサイトから注文する
実証実験専用Webサイトから注文する

2.エニキャリのドライバーが店舗から集荷して月島サービスステーションまで配送し、デリロに積み込む


エニキャリのドライバーがデリロに商品を積み込む
エニキャリのドライバーがデリロに商品を積み込む

3.自動宅配ロボットが注文者宅の近くまで配送する

同行者とともに自動宅配ロボットが配送する
同行者とともに自動宅配ロボットが配送する

4.デリロのカメラにスマートフォンのQRコードをかざし、商品を受け取る


注文者はQRコードをかざしすことで受け取れる
注文者はQRコードをかざしすことで受け取れる

 今回は2台のデリロを用いて宅配を行う。デリロは4つのボックスを装備しており、注文のスケジュールに応じて最大4注文を同時に配送できるようになっている。


 実証実験のポイント。飲食店やコンビニなど複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーする取り組みは国内初とのことだ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]