ソフトバンク、4G周波数帯を利用した5Gサービス開始--まずは千葉、東京、愛知の一部で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは2月15日、4G(LTE)用として使用している周波数帯を5Gに転用するサービスを、千葉県、東京都、愛知県の一部エリアから順次開始すると発表した。

キャプション
ピンクで色分けされたエリアが5Gへの転用エリアとなる

 これは、5Gとして使用している3.7GHz帯(Sub-6)および、28GHz帯(ミリ波)に加え、現在LTE周波数帯として利用中の700MHz帯、1.7GHz帯、3.4GHz帯を5Gに転用するもの。これにより、5Gエリアを一気に拡大できる一方で、転用エリアでの通信速度はSoftBank 4Gまたは、SoftBank 4G LTEと同等にとどまる。

 すでに発売している5G対応機種のうち、既存LTE周波数帯での5Gサービスを利用するには、ソフトウェアアップデートが必要。まずは、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 5 II」向けに2月15日、シャープの「AQUOS sense5G」向けを2月18日に公開する。その他の5G機種についても順次アップデート予定だ。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]