ソニー、「ZV-1」がUVC/UACに対応--USB接続でPCやスマホのウェブカムに

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月9日、Vlog撮影用カメラ「VLOGCAM ZV-1」のソフトウェアアップデート(Ver.2.00)を公開したと発表した。

 最新バージョンでは、動作の安定性向上が図られているほか、新たにUSBストリーミング機能が追加された。これは、いわゆるUVC(USB Video Class)とUAC(USB Audio Class)をサポートするもので、ZV-1とPCをUSBケーブルで接続するだけで、映像と内蔵マイクが捉えた音声をPCに取り込み可能。ライブ配信などに活用できる。

キャプション

 対応OSは、Windows10、Windows8.1/macOS 10.13-10.15、11.0。さらに、Android 11対応のXperiaスマートフォン(2月9日時点では、Xperia 1 II、Xperia 5 IIが対象)とも接続でき、変換アダプターなどを使ってZV-1をつなげることで、屋外などでも高画質でのライブ配信が実現する。配信中は、接続したXperiaのディスプレイ上でコメントなどの表示も可能だという。

 ZV-1などソニーのカメラに関しては、これまでも「Imaging Edge Webcam」という専用ソフトを利用することで、動画だけであればPCに取り込みが可能だったものの、今回のアップデートでUVC/UACに対応したことで、ドライバーや専用ソフトをインストールすることなく“マイク付きウェブカム”として使えるようになった。解像度も、1024×576ピクセルから1280×720ピクセルに向上している。

 同社では、今後UVC/UAC規格に対応するカメラを、順次拡大する予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]