logo
新型コロナウイルス関連

Facebook、新型コロナ関連で100万件超のコンテンツを削除--10~12月に

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月12日 11時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookと傘下の写真共有サービスInstagramは、2020年10~12月の3カ月間で、「差し迫った被害」につながりかねない新型コロナウイルス関連の誤情報を含んでいるとして、100万件超のコンテンツを削除した。

偽情報への警告
提供:James Martin/CNET

 削除されたコンテンツの中には、新型コロナウイルスに対するでたらめな予防策や、大げさな治療法が含まれると、Facebookのインテグリティー担当バイスプレジデント、Guy Rosen氏は米国時間2月11日の記者会見で語った。

 Facebookは同日、ヘイトスピーチやハラスメント、ヌードなど、不快なコンテンツに関する規則違反で第4四半期に削除したコンテンツの数についても、新たなデータを公開した。

 それによると、Facebook上でヘイトスピーチやヌード、生々しい暴力の描写といったコンテンツをユーザーが目にする頻度も減ったという。コンテンツの閲覧1万回につきヘイトスピーチが表示されたのは7~8回だった。同社が措置を講じたヘイトスピーチコンテンツは、第3四半期の2210万件から2690万件に増加した。件数が増えた一因は、アラビア語やスペイン語、ポルトガル語に関する同社の技術の向上だという。Instagramが措置を講じたヘイトスピーチコンテンツは、660万件だった。

 Facebookはさらに、人を傷つけるようなコメントの検知に用いられる技術が向上したおかげで、ユーザーから報告を受ける前に捕捉するいじめやハラスメントのコンテンツが増えていると述べた。措置の対象となったそれらのコンテンツは、前四半期の350万件から増加して630万件だった。Instagramが措置を講じた同様のコンテンツは、500万件だった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]