アドビ、PhotoshopやIllustratorなどで共同編集が可能に--プリセットの同期機能も

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2021年02月10日 17時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは2月9日、Photoshop、Illustrator、Frescoの最新アップデートで、新機能「編集に招待」を搭載したと発表した。なお、Photoshopには、新機能「プリセットの同期」も追加される。

 
PhotoshopやIllustratorに搭載された「編集に招待」機能

 コラボレーション機能「編集に招待」では、PCやiPad、iPhone(Fresco限定)のすべての環境で、非同期の共同編集機能が利用できるようになる。使い方は、アプリの右上隅にある同機能のアイコンをクリックし、共同編集者のメールアドレスを入力することで招待を送信できる。

 これにより、他の共同作業者が一度にひとつずつ編集できる状態で、ファイルを共有することができる。なお、共同編集には「クラウドドキュメント」として保存されている必要があり、ローカルのファイルなどは、事前にクラウドドキュメントとしてアドビのクラウドにアップロードする必要がある。

ブラシなどを複数のデバイスで共有できる「プリセットの同期」

 プリセットの同期は、すべてのPhotoshop環境(デスクトップ版のWindows/Mac)で、ブラシ、スウォッチ、グラデーション、パターン、スタイル、シェイプといった、Photoshopのプリセットを同期できるのが特徴。

 
 

 任意のデバイス上のプリセットをCreative Cloudに同期することで、同じ「Adobe ID」でログインしたデバイスであれば、プリセットを共有可能。ただし、ワークスペース、ツール、輪郭、空の置き換え、Camera Rawプリセット、プロファイルの各プリセットタイプは、Creative Cloudで同期されない。

 同機能は、「環境設定」内で切り替え可能。また、プリセットのフォルダ構造、グループ化、順序は、デバイス間でも保持され、ユーザーが実施した管理はすべて同期される。

 
 

 なお、iPad版についても、ブラシの同期機能を近日中に提供する予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]