グーグル、消防ドローンのテスト飛行を米FAAに申請

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年02月04日 12時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが米連邦航空局(FAA)に対し、火災の消火と監視を行うドローンをテスト飛行させるための許可を申請していることが、新たに公開されたFAAへの提出書類で明らかになった。

穀物に液体を散布するドローンのイメージ
穀物に液体を散布するドローンのイメージ
提供:Getty Images

 この申請書を提出したのはGoogle Research Climate and Energy Groupであり、2019年にFAAからドローン配達サービスの認可を得たAlphabet傘下のWingではない。Wingのドローンは、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で食料や医薬品の配達に利用されている。

 Google Research Climate and Energy Groupが申請しているのは、重さ55〜98.8ポンド(約25〜44.8kg)の無人航空機(UAS)「M8A PRO」の運用許可だ。このドローンはHomeland Surveillance & Electronicsが農薬散布などの農業用に開発したもので、最大20リットルの液体を積載できる。

 申請書によると、このテストはカリフォルニア州ファイアボーにある「区画を限った私有地」で予定されている。

 米CNETはGoogleにコメントを求めたが、回答は得られていない。同社の広報担当者はBloombergに対し、この申請は「1年近く前に当時検討していたプロジェクトのために提出したもの」であり、「この取り組みを近いうちに再開する計画はない」とコメントしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]