logo

アドビ、PDFのタスクをブラウザーで実行できるツール拡充

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年02月04日 11時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは2020年7月、PDFを活用するための複数のツールを公開した。Microsoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」ファイルや画像ファイルから、簡単にPDFを作成できるツールなどだ。Adobeは米国時間2月2日、さらに新しい機能を追加し、多数のPDFのタスクをブラウザーで直接行える「Acrobat web」を立ち上げた。

Adobe
提供:Illustration by Stephen Shankland/CNET

 Acrobat webには、PDFをパスワードで保護する1つのPDFファイルを複数に分割する複数のPDFファイルを1つに結合するといったタスクを処理するツールがある。Adobeがブログ記事で説明している。これらのツールは無料で使えるが、PDFファイル内のテキストを編集するといった、より高度なオプション機能を利用するには、サブスクリプションプラン「Adobe Acrobat Pro DC」への加入が必要だ。

 DocuSignなどは、かつて紙の文書に署名していたように、PDFにデジタル署名できるサービスを提供している。Adobeもこのような機能を提供しており、Acrobat webでも利用可能だ。ブラウザーのアドレスバーに「sign.new」と入力するだけでもアクセスできる。

 AdobeはGoogleの新たな「.new」インターネットドメインサービスを利用し、このような機能を実現している。ほかにも、さまざまなタイプのMicrosoftドキュメントをPDFファイルに変換する「PDF.new」、JPEGやPNGなどの画像ファイルを変換する「JPGtoPDF.new」、PDFファイルのサイズを圧縮する「 CompressPDF.new」などが利用可能だ。

Acrobat web
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]