logo

アップル、「iPhone」「iPad」などの中国以外での生産を拡大か

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 長谷睦 (ガリレオ)2021年01月28日 11時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが多角化戦略の一環として中国以外の国での生産を増やす計画だと、Nikkei Asiaが1月27日に報じた。「iPad」の生産が2021年半ばにもベトナムで始まるという。同国では、「HomePod mini」の生産も拡大するとされている。

提供:Andrew Hoyle/CNET
提供:Andrew Hoyle/CNET

 この報道によると、Appleはインドで「iPhone」の製造を、東南アジアでスマートスピーカーやイヤホンなどの製造を強化する計画を立てている。コンピューター製造の大部分は今後も中国にとどまるが、「Mac mini」製造の一部はマレーシアに移ったという。「MacBook」製造の一部も年内にベトナムに移るとされている。ベトナムではサムスンもスマートフォンの多くを製造している。

 2020年11月には、サプライチェーンに対する米中貿易摩擦問題の影響を緩和する目的で、AppleがiPadおよびMacBookの製造組み立てラインを中国から移すとの報道があった。

 Appleにコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]