logo

宅配×位置情報で待ち時間のストレスゼロへ--SMSで伝える「LoBeam」

加納恵 (編集部)2021年02月01日 13時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自宅まで荷物や食事を届けてくれる宅配便やデリバリーの待ち時間に対するストレスを解消するサービス「LoBeam(ロービーム)」が登場した。開発したのは、ロケーションテックを手掛けるLogical Fabrics。「ウーバーイーツが登場して、配達してくれる人の位置情報がわかることで、こんなにも待ち時間のストレスが少なくなることがわかった。これを訪問サービスのすべてで使えるようにしたかった」とLogical Fabrics 代表取締役の堺礼氏は開発のきっかけを話す。

「LoBeam(ロービーム)」の画面イメージ
「LoBeam(ロービーム)」の画面イメージ

 「配達してくれる人の位置情報がわかるだけで、ユーザーエクスペリエンスは向上する。これはウーバーイーツが世界的に証明した。これをもっとほかの訪問サービスに広げたら、もっと生活や便利になるのに、なかなかそういったサービスは始まらない。ならば自分でやろうと思った」と立ち上げたのがLoBeamだ。

 スタッフの到着予想時間と現在位置をリアルタイムでユーザーに知らせることができ、ユーザー側はアプリなどのインストールは不要。通知は携帯電話のショートメッセージを活用する。

 ユーザー側の利用料は不要。Logical Fabricsは、訪問サービスを手掛ける企業へ月額7980円~サービスを提供することで収益を得る。ショートメールを活用した標準プランが1件74円~。ショートメールなしのプランも1件48円~用意する。

 「宅配便などは午前中や12~14時など、ある程度の到着時間を区切ってお願いできるが12時に来るのと、14時に届くのでは、その日の過ごし方自体が変わってくる。待っている間は、外出もできないし、やることが制限されてしまう。そのストレスを解消したかった」(堺氏)と自らの体験からサービスを生み出した。

 サービス導入の対象にしているのは「送迎、配達、クリーニングなどあらゆる訪問サービス」(堺氏)と幅広く捉えるが、「出張買い取りや代行運転なども想定している。個人事業主の方が多い事業領域のため、自社でアプリの開発などは難しい。そういった方に利用してもらうことで、より便利さを打ち出していきたい」(堺氏)とする。

 すでに、堀江貴文氏にもプレゼンし、手応えを得ているというLoBeamだが、「サービスを世の中に認知してもらう事」と今後を見据える。「代行運転は、到着までの時間がわかれば注文の仕方が変わってくる。混み合っていて到着が40分後であれば、さらに追加注文する人も出てくるため、飲食店側への呼びかけもしてみたい」と目線を変えたアプローチも視野に入れる。

 「今後は、需要地や移動経路等のビッグデータを蓄積し、AIを用いて、業務効率の向上につなげる。『待つストレス』をゼロにすることで、デリバリーサービスを利用できる社会にしていきたい。2021年には500社導入を目標にしている」と堺氏はサービス全体の改変を目指す。

Logical Fabrics 代表取締役の堺礼氏
Logical Fabrics 代表取締役の堺礼氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]