ロジクール、法人向けビデオ会議システム「Rally Bar」と「Rally Bar Mini」を発表

佐藤和也 (編集部)2021年01月20日 16時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Logitech Internationalの日本法人であるロジクールは1月20日、会議用カメラ・スピーカー・マイク・コンピューティングが一体となった、一体型タイプの法人向けビデオ会議システムとなる「Rally Bar」と「Rally Bar Mini」を発表した。あわせて、ロジクールの会議用カメラ用コンピューティングアプライアンス「RoomMate」、ケーブル「CAT5Eキット(ロジクールTAP用)」、CAT5E対応・タッチコントローラ「ロジクールTAP CAT5E版」も展開する。

後方にあるのが「Rally Bar」(2色)、前方にあるのが発売中の「MeetUp」
後方にあるのが「Rally Bar」(2色)、前方中央にあるのが発売中の「MeetUp」

 Rally Barは中会議室向け、Rally Bar Miniは小会議室向けの会議用カメラ、スピーカー、マイクが一体となったオールインワンのビデオバー。カメラは最大30フレーム/秒で最大4Kの解像度となっており、Rally Barは15倍HDズームに対応しているほか、90度の広角視野およびUltra HDイメージングシステムを搭載している。カメラとスピーカー、マイクが一体となっているので狭いスペースでも設置できる。

Rally Bar設置イメージ
Rally Bar設置イメージ
カメラ
カメラ

 カメラのフレーミングやビデオの色調、音声を自動で最適化する独自のRightSenseテクノロジーに加え、2つ目の内蔵カメラレンズを用いたAIビューファインダーにより自動フレーミングの精度を向上。会議室のサイズおよび参加者を認識し、全員が収まるようにカメラの向き、ズーム倍率を自動調整するほか、逆光や薄暗い場所でも顔がはっきり映るように、光と色バランスを自動設定する。音声についても、内蔵しているビームフォーミングマイクは、最長4.5メートルの範囲の声を拾い、周囲の雑音を抑えながら話している人の声に集中・最適化。聞き手にクリアに伝えるという。

AIビューファインダー
AIビューファインダー

 アプライアンスモード(内蔵コンピューター利用)、PCモード(外付けミニPC利用)、USBモード(持ち込みのPCへのUSB接続利用)のいずれかで利用可能。アプライアンスモードでは、ZoomやMicrosoft Teamsなどサポートされているビデオ会議ソフトウェアをPCやMacなしで実行でき、USB経由で事実上すべての部屋のPCやMacに接続が可能。BYOD(Bring your Own Device)、持ち込んだ個人保有のPCとのUSB接続にも対応しているため、ノートPCを接続して選択したビデオ会議ソフトウェアを実行することができる。

 また、RoomMateは大会議室にてPCやMacがなくても、発売中のロジクールの会議用カメラ「Rally Plus」などでビデオ会議サービスが実行できる。

 Rally Barは1月20日発売予定で、単体での参考価格は39万5500円(税抜)。単体の場合は、USB接続利用のみ。このほか同「アプライアンス バンドル Zoom版」(52万6000円(税抜))、同「PC バンドル Zoom版」(67万8000円(税抜))、同「PC バンドル Teams版」(68万8000円(税抜))、ケーブル「CAT5Eキット(ロジクールTAP用)」(3万5455円(税抜))もあわせて展開。これらバンドルには「ロジクールTAP CAT5E版」ほかが含まれており、3月末から出荷開始予定となっている。

 Rally Bar Miniならびに、同「アプライアンス バンドル Teams版」は2021年春、RoomMateは2021夏に発売予定となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]