logo

ゲーム「DEAD OR ALIVE」キャラの被服削除など改変した動画DVD販売被疑者が書類送検

佐藤和也 (編集部)2021年01月06日 19時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コーエーテクモゲームスは1月6日、同社が開発、販売している「DEAD OR ALIVE」シリーズに含まれる動画を無断でDVDにコピーし、販売していたとして、神奈川県警が同日付で被疑者1名を書類送検したことを公表した。

 公表内容によれば、被疑者は「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」などのゲーム内の動画を撮影し、キャラクターの被服を削除するなどの改変を加えた内容をDVDに録画。オークションサイトで販売を行っていたとしている。コーエーテクモゲームスは神奈川県警に被害の届出を行い、今般、被服を削除する等の一部改変があっても、著作権(複製権)の侵害に該当すると判断されたものとしている。

 コーエーテクモゲームス側では、本件について特に悪質な行為であると判断し、刑事事件とは別に、著作権侵害に基づく損害賠償を求めて民事訴訟を提起する予定という。また「当社の許可なく当社著作物を複製(一部改変物も含む)して配布、配信することは、著作権者の権利を侵害する行為であり、違法となります。当社ではこのような行為については断固たる措置を取る所存です」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]