logo

iPhone現行モデルどう選ぶ?----Apple製品の選び方2020~2021【iPhone前編】 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A14 Bionicとカメラテクノロジー

 Appleは毎年、iPhoneに新しいプロセッサを価値として与え、これを頂点にしてモデルを構成する。2020年の場合は、A14 Bionicがそれにあたり、5nmプロセスと更に微細化を進めた。もっともAppleのプロセッサの進化としては、Mac向けにM1が話題の中心となったこともあり、A14 Bionic自体がパフォーマンス面で大きく注目を集めることはなかった。

 ただし、16コアに増加した機械学習処理を担うニューラルエンジンや、HDRビデオを処理するアクセラレータの内蔵などにより、iPhoneの写真・ビデオの性能は大きく向上した点は特筆すべきであり、iPhone 12シリーズすべてで、より正確な色とホワイトバランスやHDRビデオ撮影を実現している。

 そのカメラまわりのハードウェアだが、iPhone 12シリーズ共通で、広角カメラがf1.8からf1.6へと明るくなり、暗所性能を向上させた。またProシリーズには2020年のiPad Proに搭載したLiDARスキャナが搭載された。光を発出して反射を測定することで、5mまでの正確な距離を測ることができる仕組みは同じだが、iPhone 12 ProではこれをARだけでなくカメラアプリでも活用し、暗所でのオートフォーカスや被写体認識に活用できるようにした。

 加えて、iPhone 12 Pro Maxには特別なカメラが採用された。まず広角カメラは同じf1.6の明るさだが、センサーサイズを47%拡大させ、センサーシフト式光学手ぶれ補正を採用することで、暗所性能を大幅に高めた。ビデオ撮影の際にも、スムーズさが増す。また望遠レンズはこれまでの2倍望遠(52mm/f2.2)から、2.5倍(65mm/f2.4)に変更され、マクロ撮影的な活用もしやすくなっている。

 後編は、モデル選びと注意すべきポイントについてお伝えする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]