logo

ハイヤーで通勤しながら企業とオンライン面談できる実証プロジェクト「Showfar」--パーソルとMONET

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソルキャリアは12月22日、MONET Technologiesの協力のもと、個人がハイヤーで通勤しながらさまざまな企業とオンライン面談ができるHR×MaaS実証プロジェクト「Showfar(ショーファー)」を、12月22日から2021年春ごろまで実施すると発表した。あわせて、同プロジェクトへの参加者を2021年2月末まで募集する。

キャプション
HR×MaaS実証プロジェクト「Showfar(ショーファー)」

 このプロジェクトは、通勤時間を活用してさまざまな企業と気軽にオンライン面談ができる場を提供することで、個人のキャリアの可能性を拡げることを目的にしているという。また、ドライバーが不要になることで車内に完全なパーソナル空間を創出することが可能になる自動運転時代を見据えており、周囲を気にすることなく車内での時間を過ごせる新たなモビリティサービスの実現を目指すという。

 Showfarでは、週1回自宅から勤務先までドライバーが運転するハイヤーで通勤。新型コロナウイルス感染症の影響下において、混雑した電車で通勤するストレスや不安を払拭し、ゆったりとしたシートでリラックスしながら通勤できる環境を提供する。感染症対策として、ハイヤーに乗車する参加者は、1台あたり1日1人とし、降車後に毎回消毒を実施する。

キャプション

 ハイヤーでの初回の通勤時には、車内に設置したビデオ通話が可能な端末を使用し、遠隔地にいるパーソルキャリアの担当者がこれまでのキャリアについてヒアリング。履歴書や職務経歴書の作成を代行する。仕事に対する考え方や価値観などについてもインタビューし、その内容を同プロジェクトに参画する企業へと提供する。

 さらに、参加者に興味を持った企業と通勤中にハイヤーの中でオンライン面談が可能。プライベートな空間で周囲の声や視線を気にすることなく、企業の担当者と話をして、キャリアの可能性を客観的に把握できるとしている。

 このプロジェクトでは、参加者に費用は発生しないという。Showfarのサービス化については、プロジェクトの効果を検証後に検討するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]