Cerevo、家電ベンチャーのUPQを吸収合併--サポート継続もUPQブランドは消滅へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cerevoは12月21日、家電ベンチャーのUPQを吸収合併すると発表した。合併日は、2021年1月1日を予定している。

 同社によると、UPQの創業からこれまで、生産管理や量産体制などについてさまざまな支援を実施。今回の吸収合併については、UPQ製品のサポート体制をより安定させることが目的としている。吸収合併では、Cerevoが存続会社、UPQが消滅会社となり、同社がUPQの事業・取引・契約・権利義務関係を全て承継する。

 これにあわせ、UPQの既存製品については同社が販売・サポートを行い、全在庫の販売終了にあわせてUPQブランドはクローズとなる。製品サポートの問い合わせ窓口については変更はなく、ブランド終了後も製品に付随するメーカー保証範囲や期間は、設定されている通り受け付けるという。

 UPQは、カシオ出身の中澤優子氏が立ち上げたスタートアップ企業。ハードウェアを扱うにも関わらず、多種多様なラインアップの商品を短期間で世に送り出すスピード感が特徴的だったものの、スマートフォンの技適未取得やバッテリー発火、4K液晶テレビの仕様誤記といったトラブルが続発。2019年1月には、製品の量産開発以降の工程をCerevoに委託し、UPQは商品企画、デザイン、プロダクトマネジメント、販売に注力するなど、開発・量産体制を一新していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]