logo

「toio」やDENSOのロボットアームを活用、無人でのボードゲームプレイ動画が公開

佐藤和也 (編集部)2020年12月20日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、ロボットトイ「toio」専用タイトル第7弾として発売中の「大魔王の美術館と怪盗団」をテーマに、最先端の技術をもつ企業との対戦コラボレーション企画「無人ロボットボードゲーム対決」スペシャルサイトを公開している。

VTuber「おめがシスターズ」らが、ロボットなど最新技術を活用した、無人でのボードゲームをプレイ
VTuber「おめがシスターズ」らが、ロボットなど最新技術を活用した、無人でのボードゲームをプレイ

 大魔王の美術館と怪盗団は、小型のキューブ型ロボットがキャラクターとなりゲームを進行。複数のプレイヤーでワイワイ楽しめるボードゲーム。一方で、昨今の事情からなかなかボードゲームを囲んでワイワイとプレイすることも難しい状況におかれているなか、持てる限りのアイデアと、技術の粋を集めたものとして企画されたものとなっている。

 人の手のように自在に動くDENSOの高性能ロボット「D-Cell」を活用し、盤面での操作をすべて実施。小回りと正確な絶対位置検出が持ち味のキューブ型ロボットのtoioに小型カメラをのせて撮影を行なったという。

DENSOの産業ロボットアーム「D-Cell」
DENSOの産業ロボットアーム「D-Cell」
toioに小型カメラを載せて撮影
toioに小型カメラを載せて撮影

 ゲームのプレーヤーには、ボードゲーム好きのVTuber「おめがシスターズ」の2人と、製造業大好きおじさんYouTuberとして活動しているあまのっちさんと、toio開発者の一人であるSIEの田中章愛氏によるロボット技術者チームが参加。それぞれがリモートでD-Cellに指示を出し、ボードゲームの真っ向勝負を無人で展開された。なおプレイの様子は、YouTubeのおめがシスターズチャンネル上で公開。またメイキング映像も、あまのっちチャンネルにて公開している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]