メルカリ、新子会社「ソウゾウ」を再び設立へ--新たな柱となる事業を開発へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは12月17日、同日開催された取締役会において、100%子会社のソウゾウ(予定)を設立し、同子会社において新規事業(インターネットサービスの企画・開発・運営)を開始すると決議したことを発表した。

 設立日は、2021年1月28日を予定。事業開始は2021年中を予定する。なお、代表取締役CEOに石川佑樹氏、取締役CTOに名村卓氏、取締役に山田進太郎氏が選任される予定。そのほか、役員と従業員についてはメルカリから派遣する予定だという。資本金は1億円。

右から、ソウゾウ代表取締役CEOに就任する石川佑樹氏、取締役に就任する山田進太郎氏、取締役CTOに就任する名村卓氏
右から、ソウゾウ代表取締役CEOに就任する石川佑樹氏、取締役に就任する山田進太郎氏、取締役CTOに就任する名村卓氏

 なお、同社は2019年度に、当時の子会社だったソウゾウを解散している。新子会社のソウゾウ設立は、同社に関連する中長期的に新たな柱となりうる事業を、企画・開発・運営していくことが目的だという。

 同社によると、フリマアプリ「メルカリ」は、サービス開始から約7年で、月間利用者数は約1750万人、年間流通総額6000億円を超えるサービスへと成長しているという。

 今回、メルカリJP・メルペイの成長をさらに加速させる方法を模索し続けていく中で、ミッションの達成のため、新規事業の企画・開発・運営をする子会社を設立することになったという。同社では、人材・環境を整え、集中的に新規事業への挑戦に注力するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]