logo

アップル、「iPhone」の大幅増産を計画か--2021年上半期、前年比3割増も

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月16日 07時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、同社初の5G対応スマートフォンに対する需要が高いことなどを理由に、「iPhone」の生産台数を前年比で約30%増やす方針だという。Nikkei Asian Reviewが12月15日に匿名情報筋らの話として報じた。それによると、Appleは2021年上半期に最大9600万台のiPhoneを生産する計画で、「iPhone 12」シリーズに加えて、「iPhone 11」シリーズや「iPhone SE」なども増産する可能性があるという。

iPhone 12 Pro Max
提供:Richard Peterson/CNET

 ある匿名のAppleのサプライヤーがNikkei Asian Reviewに明かしたところでは、iPhoneシリーズのハイエンドモデル2機種である「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」の売れ行きが予想以上に好調だという。なお、iPhone 12 Pro Maxと「iPhone 12 mini」は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、「iPhone 12」とiPhone 12 Proよりも約3週間遅れて11月に発売された。

 Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は直近の決算発表の中で、中国を含む主要な市場でのiPhoneの販売台数増加を示唆するデータを目にしていると述べていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]