アップル、同社初のオーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Max」発表--税別6万1800円

山川晶之 (編集部)2020年12月08日 23時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは12月8日、同社初のワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」を発表した。同日より注文受付を開始し、12月15日に発売するとしている。価格は税別6万1800円。

キャプション
「AirPods Max」

 AirPods Maxは、40mm口径のダイナミックドライバを搭載。独自のデュアルネオジムリング磁石モーターにより、音量を最大にした場合でも、すべての可聴域で全高調波歪みを1%未満にとどめるという。また、毎秒90億回の演算処理が可能な10個のオーディオコアを内蔵した「H1」チップを左右それぞれに搭載することで、コンピューテショナル・オーディオを実現する。

キャプション
40mmのダイナミックドライバとH1チップを2つ搭載

 主な機能として、ユーザーの耳に届く音声信号を測定し、イヤークッションの吸着度と密閉度に合わせて低音域と中音域をリアルタイムで調節する「アダプティブイコライゼーション」、それぞれのイヤーカップに内蔵された3個の外向きマイクと、ユーザーの耳に届いている音を測定するイヤーカップ内の1個のマイクを使った「アクティブノイズキャンセリング」を搭載。

 さらに、音楽と同時に周囲の音が聞ける「外部音取り込みモード」や、5.1chや7.1ch、Dolby Atmosのコンテンツを体験できる「空間オーディオ」が利用できる。空間オーディオは、AirPods MaxとiPhone、iPadに内蔵されたジャイロスコープと加速度センサーを利用。ユーザーの頭とデバイスの動きを追跡・比較して再生中のサウンドの音場を再マッピングする。

 ヘッドバンドのキャノピーは、通気性のあるニットメッシュ素材を採用。ヘッドフォン全体の重さを分散して頭部にかかる圧力を減らすことができるほか、ステンレススチール製フレームのヘッドバンドは、耐久性と柔軟性をもち、多種多様な形の頭部になじむとしている。また、左右のイヤーカップは、それぞれが独立して回転することで、ユーザーごとの頭の曲線にフィットするという。

 そのほか、本体部分にはApple Watchと似た「Digital Crown」を内蔵しており、音量調節、音楽の再生と一時停止、曲のスキップ、電話への応答と通話の終了、Siriの起動が可能。バッテリー持続時間は20時間で、Lightning端子で充電する。カラーは、スペースグレー、シルバー、スカイブルー、グリーン、ピンクの5色をラインアップするほか、専用のSmart Caseが付属する。

キャプション
Apple Watchのような「Digital Crown」で音量などを操作する
キャプション
カラーは5色
キャプション
収納すると自動で「超低電力状態」に移行するケース「Smart Case」が付属する

 同社では、ワイヤレスイヤホン「AirPods」や、アクティブノイズキャンセリングを搭載した「AirPods Pro」を展開しているが、ヘッドフォンについてはAppleが2014年に買収したBeatsが手がけるモデルにとどまっていた。AirPods Maxは、同社のAirPodsシリーズとしては初のオーバーイヤーヘッドフォンとなる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]