logo

サイバーセキュリティのココン、19.5億円を調達--三菱UFJキャピタルなどから

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ココンは12月8日、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ、YJキャピタル、三菱UFJキャピタルの3社を引受先とする第三者割当増資および、東京理科大イノベーション・キャピタル、ディープコア、千葉道場、大分ベンチャーキャピタルを引受先とする新株予約権付社債(CB)の発行により、総額19.5億円の資金調達を実施したと発表した。

 CBについては、今回の第三者割当増資に先行して発行しており、すべてのCBについて株式に転換することを予定している。また、今回の引受先のうち、YJキャピタルと千葉道場からの投資は、既存株主としてのフォローオン投資となる。今回の調達により、創業時からの累計調達額は約60億円になるという。

 ココングループでは、セキュリティ診断やペネトレーションテスト(侵入テスト)をはじめとするサイバーセキュリティ関連サービス、暗号技術などの研究開発、コンサルティングサービスなどを提供している。

 特に、グループ会社のイエラエセキュリティは、国内外で開催されるハッキングコンテストで受賞経験を持つホワイトハッカーが多く在籍しており、IoT機器やコネクテッドカーなど高度な解析技術を必要とする先端的な領域におけるセキュリティ確保に貢献しているという。

 今回調達した資金は、サイバーセキュリティ領域における優秀なエンジニアの採用、研究開発やプロダクト開発、マーケティング、M&Aなどに活用するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]