logo
新型コロナウイルス関連

Airbnb、医療従事者や難民に宿泊先を提供する非営利団体Airbnb.orgを設立

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月08日 09時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbnbは、緊急時に人々に宿泊先を提供する同社のプログラムを、Airbnb.orgという新しい非営利団体の下に組み入れた。米国時間12月7日に発表されたAirbnb.orgは、避難者、救援ワーカー、難民、亡命希望者や、第一線で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大と闘う医療従事者に、一時的な宿泊先を提供する。

Airbnbのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Airbnb.orgはまず、COVID-19の感染拡大に見舞われたコミュニテイーを支援する2つの団体である、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)と非営利団体Community Organized Relief Effort(CORE)との提携を拡大するために、200万ドル(2億1000万円)の資金を提供することなどを約束した。COREは、COVID-19検査の管理、濃厚接触者の追跡、ワクチン配布センターの支援に携わる、第一線の医療従事者に宿泊先を提供するために、Airbnb.orgの資金を利用するという。

 Airbnbは、緊急時の宿泊先を提供するプログラム「Open Homes」を2012年に開始している。これは、困っている人々にホストが無償で宿泊施設を提供できるというものだ。今回、Open Homesと、COVID-19対策に従事する人々に一時的な宿泊先を提供するプログラム「Frontline」が、Airbnb.orgとして統合された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]