マイクロソフト、公式“ダサ”セーターの新作「MS Paint」を発売--目的は女性支援

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、同社の通販サイト「Xbox Gear Shop」で、何とも形容しがたいデザインのセーター「Windows Ugly Sweater」を発売した。「Windows 95」柄と「Windows XP」柄に加え、2020年の新作「MS Paint」柄を用意している。

公式“ダサ”セーターを発売(出典:Microsoft)
公式“ダサ”セーターを発売(出典:Microsoft)
左から新作MS Paint、Windows 95、Windows XP(出典:Microsoft)
左から新作MS Paint、Windows 95、Windows XP(出典:Microsoft)

 価格は、MS PaintWindows 95Windows XPのいずれも69.99ドル(約7300円)。サイズは、柄によってSMから3XLまでさまざま。ただし、記事執筆時点(12月3日17時)で残念ながらすべて売り切れている。

すべて売り切れ(出典:Microsoft)
すべて売り切れ(出典:Microsoft)

 なお、MicrosoftはIT分野におけるジェンダーギャップ解消を目指す取り組み「Girls Who Code」を支援しており、Windows Ugly Sweater販売はその活動の一環。1着あたり20ドル(約2000円)寄付する予定で、少なくとも5万ドル(約522万円)寄付するという。

 また、MicrosoftはMS Paint柄Windows Ugly Sweaterの発売に合わせ、このセーターをモチーフにした「Skype」「Teams」用の背景画像を無償提供している。

SkypeとTeams用の背景画像(出典:Microsoft)
SkypeとTeams用の背景画像(出典:Microsoft)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]