logo

現場管理アプリ「カミナシ」に監査機能--店舗などの業務監査をクラウドで一元管理

佐藤和也 (編集部)2020年11月24日 14時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カミナシは11月24日、同社が提供している現場管理アプリ「カミナシ」について、工場や店舗での業務監査や店舗巡回の記録を、クラウド上で一元管理できる機能の提供を開始した。

 カミナシは、作業チェックなど現場のフローをデジタル化する現場管理アプリ。監査機能の追加提供により、タブレット端末を利用して、指摘事項の入力や撮影を行い、自動的に報告書を作成することが可能となる。また、監査対象者にもカミナシにアクセスし、改善報告をすることで、進捗管理も行える。指摘事項や改善内容がクラウド上で保存されることで、一覧による履歴の可視化ができるという。

監査業務のデジタル化
監査業務のデジタル化

 多くの監査業務では、紙のチェックリストとデジタルカメラによる記録が行われており、現地での監査終了後、監査担当者は指摘事項の転記や撮影画像をExcelなどに取り込み、メールで監査対象の部門へ送付することが一般的となっていた。しかし、この事務作業には非常に時間や手間がかかることや、店舗や工場、仕入れ先など複数拠点を監査する担当者にとっては非効率な状況となっていたという。前回の指摘事項や改善内容の履歴も管理が難しく、正しい改善活動が行いづらいといった課題もあり、監査機能の提供に至ったとしている。

 利用は、カミナシベーシックプラン(月額8万円/10アカウント)以上の契約で利用可能としている。詳細は特設ページに記載されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]