NVIDIAのクラウドゲーム「GeForce NOW」、「iOS」に対応

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年11月20日 08時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAはAmazonに倣い、自社のクラウドゲームサービスを「iOS」デバイスに提供するための最も苦労の少ない手段を選択した。Amazonの「Luna」と同様に、自社の「GeForce NOW」をAppleのブラウザー「Safari」を介して「iPhone」や「iPad」に提供する。米国時間11月19日からベータ版の提供を開始した。

 同サービスのロードマップも更新し、Linux、PC、「Mac」、「Android」搭載デバイスの「Chrome」ブラウザーで2021年初頭から提供するとした。また、近くGOGと連携し、より多くのゲームをプレイできるようにする。まず「The Witcher 3: Wild Hunt」と大きな期待を集める「Cyberpunk 2077」に対応する見込みだ。いずれもGOGの姉妹企業CD PROJEKT REDが開発している。

NVIDIA GeForce NOW
提供:NVIDIA

 GeForce NOWでは、「Steam」「Ubisoft」「Epic Games Store」などで販売されているPC向けゲームを、インターネットを介して対応デバイスに提供している。これにより、スマートフォン、タブレット、「Chromebook」、Mac、ローエンドPCなど、それ以外の方法ではプレイできないハードウェアでゲームがプレイ可能になる。

 Appleの「App Store」で販売するためには、同社のポリシーに準拠するため多くの作業が必要になる。そこで、GeForce NOWは、Safariで動作するという手段をとっている。

 iOSでGeForce NOWを利用する際の1つの大きな注意点は、コントローラーでしかゲームがプレイできないということだ。キーボードとマウスや、タッチ操作ではプレイできない。これにより、プレイ可能なゲームの選択肢は限られる。NVIDIAは現在、Epic Gamesとともに「フォートナイト」のタッチ対応版に取り組んでいる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]