「Googleマップ」から音声コマンドで通話や音楽再生が可能に--まず米国でプレビュー

Katie Conner (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年11月18日 10時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月17日、「Googleマップ」アプリの中から電話に出たり、メッセージを送信したり、音楽を再生したりする機能のプレビュー版を米国で「Android」向けにリリースした。「Googleアシスタント」の新しいドライビングモードにより、運転に神経を集中させたままこれらの操作ができるようになる。

Googleマップ
提供:Angela Lang/CNET

 通話を受信するとGoogleアシスタントが知らせてくれるので、ユーザーはスマートフォンに目をやることなく、電話をとるか否かを音声コマンドで指示できる。例えば、運転中にスマートフォンを見て発信元を確認してから、タップして通話を始めるのではなく、Googleアシスタントが「Katieからの電話です。電話に出ますか?」などと言ってくれるので、「はい」か「いいえ」で電話に出るか出ないかを伝えることができる。

ドライビングモード 提供:Google

 また、「Hey Google、(アーティスト名)を再生して」や「OK Google、(曲名)を再生して」と伝えることにより、「YouTube Music」「Spotify」「Googleポッドキャスト」などのストリーミングサービスのメディアを再生することも可能だ。ジャンルやアルバムを指定したり、ただ「何か音楽を再生して」とリクエストすることもできる。

 Googleマップには新型コロナウイルス関連の情報もさらに追加される。Googleは9月、色分けされた地図を使って州、郡、および一部都市のレベルで新型コロナウイルスの拡散状況のデータを示すツールを発表していた。今回の発表では、さらに詳しい情報として、地域で判明した全感染数、地域ごとのガイドライン、検査場などを追加することを明らかにした。Android版と「iOS」版で近く提供する。

 さらに、交通機関(バス、電車、地下鉄)の混雑状況がリアルタイムで表示されるようになる。米国など一部の国では、両アプリからテイクアウトや出前を注文した場合、その受け取り可能時間や配送状況も分かるようになる。これらの機能はAndroid版とiOS版に追加される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]