logo

Facebook、「Messenger」と「Instagram」でメッセージが自動消滅するモードを導入

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年11月13日 09時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは「Messenger」と傘下のInstagramで、メッセージサービス「Snapchat」に似た機能をまた導入する。Facebookは米国時間11月12日、チャットセッションが終了すると自動的に消えるメッセージを送信する新機能「Vanish Mode」を両アプリで提供すると発表した。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Messengerでは既に、一定時間が経過すると消えるようにメッセージを設定する手段が提供されている。一方Vanish Modeでは、メッセージは閲覧されてチャットが閉じると自動的に消滅する。自動で消えるコンテンツはSnapchatの普及に伴って、特に10代の若者の間でますます人気が高まっている。

 Vanish Modeをオンにするには、既存のチャットスレッドを上方向にスワイプする。もう1度上方向にスワイプすると、通常のチャットに戻れる。自動的に消滅するミーム、GIF、ステッカー、リアクションも送信可能だ。

提供:Facebook
提供:Facebook

 Messengerでは、Vanish Modeの提供が米国と少数の国で始まった。今後、提供地域を拡大していくという。Instagramでは、アプリを新しいバージョンにアップデートしたユーザーを対象に、米国など一部の国で近く提供されるという。9月に公開されたこのアップデートでは、MessengerとInstagramのユーザーの間でアプリを切り替えることなくチャットできるようになっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]