「Xbox Series X」をiFixitが分解--冷却重視の設計が明らかに

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2020年11月12日 13時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次世代型ゲーム機「Xbox Series X」と「Xbox Series S」が11月10日に発売されると、修理サイトのiFixitが、より高価なモデルであるSeries Xの分解にさっそくとりかかった。分解作業を進めていくと、Series Xにはかなりの大きさのファンやヒートシンクなど、冷却のための部品が多数使われていることが明らかになった。

iFixitが分解したXbox Series X
提供:iFixit

 また、Series Xはモジュール式の設計になっており、ファン、電源ユニット、無線基板は簡単に交換できるようだ。

 一方で、光学ドライブは内部の回路基板がゲーム機のマザーボードとセットになっており、交換が難しいとiFixitは警告している。また、SSDはかなり分解しないと取り出せないという。

 全体として、修理容易性スコアは10段階中7となっている(10が最も修理しやすい)。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]