「Pokemon GO」と「Pokemon HOME」が連携開始--特別な「メルメタル」もらえる

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年11月12日 12時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポケモンは11月11日、2月に予告したとおり、「Pokemon GO」とポケモンを預けられるクラウドサービス「Pokemon HOME」の連携を開始した。これにより、現実の世界で捕まえた自慢のポケモンを「Nintendo Switch」向けゲーム「ポケットモンスターソード・シールド」に転送できるようになった。

Pokemon GO
提供:Screenshot by Gonzalo Jiménez/CNET

 転送を始めるには、設定メニューでPokemon GOを自分のニンテンドーアカウントとリンクする必要がある。ポケモンを初めて転送すると、「キョダイマックス」できるレベル100の「メルメタル」をPokemon HOMEで入手できる。また、Pokemon GOでは「メルタン」が登場する「ふしぎなはこ」を開けることが可能になる。

 ただし、転送したポケモンを戻すことはできないため、送るポケモンは慎重に選ぶ必要がある。また、サービス開始時点では、この連携機能はトレーナーレベルが(最高レベルの)40に達しているPokemon GOプレイヤーのみに限られていた。本稿掲載時点でこの条件はレベル35まで引き下げられている。また、転送の際には「転送エナジー」が消費され、再チャージには時間がかかることにも注意が必要だ。

 また、ゲーム内通貨の「ポケコイン」を1000枚使って、転送エナジーを即座にチャージすることもできる。調査会社Sensor Towerによると、Pokemon GOは2020年の最初の10カ月で、ポケコインなどのアプリ内購入により10億ドル(約1050億円)の売上高をたたき出し、過去最高の業績をあげているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]