logo

アマゾン、介護支援サービス「Care Hub」を開始--「Alexa」活用で遠隔から見守り

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年11月12日 13時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間11月11日、高齢者を遠隔から介護する人を支援する新サービス「Care Hub」の提供を米国で開始した。同サービスは音声アシスタント「Alexa」を活用している。利用料は無料だが、「Echo」シリーズのスマートスピーカーかAlexa対応デバイス、リンクされた2つのAmazonアカウントが必要となる。

Echo
提供:Chris Monroe/CNET

 Amazonは9月の製品イベントでCare Hubを発表していた。同社はその際、離れた場所からの介護において、介護を受ける側のプライバシーと匿名性を尊重できる、実用的なソリューションとしてCare Hubを位置づけていた。介護を受ける高齢者が自分のAlexaアプリのアカウントから介護をする人のアカウントに招待状を送ると、介護をする人はCare Hubを使って高齢者の日常の活動をモニターしたり、各人に合わせたアラートを設定したり(たとえば、1日の特定の時間までに活動が記録されなかった場合にアラートを送信する)など、さまざまな機能を使えるようになる。

 また、Care Hubには助けを求める機能も備わっている。介護を受けている人が自分用の緊急連絡先を設定しておけば、簡単な音声コマンドで連絡してくれるというものだ。「アレクサ、助けを呼んで」、「緊急連絡先に電話して」などの音声コマンドで、登録済みの緊急連絡先に電話やテキストメッセージが送られる。

 Amazonは、Care Hubでプライバシーを重視していると説明した。シェアされる情報は介護を受ける人の行動を知るのに役立つ一方で、それらの人々が利用した音声コマンド、聴いた歌、視聴した映画など、具体的な情報は取得できないようになっているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]