logo

ヒュンダイ、2028年までに空飛ぶタクシーの実現を目指す

Sean Szymkowski (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年11月11日 09時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 空飛ぶタクシーに向けた競争に参入した企業はヒュンダイだけではないが、最も強気な展望を示しているのは同社かもしれない。同社はUberと提携してこの技術の開発している。Reutersが米国時間11月9日に報じた、Hyundai Motor North Americaの最高経営責任者(CEO)Jose Munoz氏の発言によると、その離陸は近づいていると同氏は考えているらしい。

Hyundai
提供:Hyundai

 Munoz氏は、Automotive Press Associationのテレビ会議の中で報道陣に対し、「2028年か、もしかするとそれより早く」、空飛ぶタクシーをロサンゼルス国際空港やニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に導入できると予測していると語った。同氏の発言に関する問い合わせに対し、ヒュンダイはそれ以上のコメントを避けた。

 ヒュンダイは、空飛ぶタクシーの未来に大いに期待を寄せている。Munoz氏によると、同社は、5~6人の乗客を乗せて短距離を高速に飛行するのに適した機体を既に開発中だ。それらは都市部または郊外で乗客を乗せて、これらの空港まで飛行できるものになるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]