logo

「Apple M1」搭載「Mac mini」登場--CPUは最大3倍、GPUは最大6倍高速化、7万2800円から

坂本純子 (編集部)2020年11月11日 04時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは11月11日、スペシャルイベントを開催し、Armベースの新チップ「Apple M1」を搭載したデスクトップコンピュータ「Mac mini」を発表した。同日よりすでにウェブサイトで予約を受け付けており、11月17日に発売する。

日本では7万2800円(税別)から
日本では7万2800円(税別)から

 Apple M1は、「Apple Silicon」として6月に発表されていたArmベースの自社開発チップだ。4コアの高速コア、4コアの省電力コアを備えた8コアCPUと、8コアGPU、16コアのニューラルエンジン、最新世代のISPに加え、SoC内にDRAMを統合した「ユニファイドメモリアーキテクチャ」を採用することでメモリ間のスループットを改善した。プロセスルールは、最新の5nm世代で、総トランジスタ数は160億におよぶ。

M1チップの概要
M1チップの概要

 Mac miniの価格は、256GBストレージモデルが7万2800円(税別)〜。ほか512GBストレージモデルが9万2800円(税別)〜がラインアップする。Mac miniのストレージはオールフラッシュを採用しており、最大2TB(+6万円)が選べる。なお、標準は8GBメモリ搭載だが+2万円すると16GBモデルが選べる。

Mac miniの主なスペック
Mac miniの主なスペック

 8コアCPUの処理能力は、前の世代と比べて最大3倍高速となった。グラフィックスは最大6倍高速だ。Neural Engineにより、機械学習は最大15倍高速になったとしている。さらに一世代前のモデルと比べて、消費電力を最大60パーセント低く抑えられるという。しかしながら、おなじみの縦横19.7cmのデザインはそのまま変わらない。

Mac miniに搭載されるインターフェース
Mac miniに搭載されるインターフェース

 M1 Macに搭載されたOS「macOS Big Sur」は、M1チップの能力を引き出すために開発されたもの。Mac miniのスリープ解除もほとんど一瞬になるなど、両者が連係することでパフォーマンスの大幅な向上ができるとしている。

 心配になるのが対応アプリケーションだが、Rosetta 2により、今愛用しているアプリもそのまま使えるほか、iPhoneアプリとiPadアプリが、初めてmacOS上で使えるようになったとしている。

 アップルは同日、Mac miniのほかに「MacBook Air」と「MacBook Pro」も発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]