ゼンリンとA.L.I.、ドローン領域で業務提携--2021年夏ごろにドローン物流商用化へ

西中悠基 (編集部)2020年11月10日 11時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンデータコムとA.L.I.Technologiesは11月10日、事業領域の拡大、拡充及び新たなビジネスの構築を目的とした業務提携を開始したと発表した。両社のドローンに関する資産やリソースを活用し、新たなドローン物流配送システムの創出や、ドローン物流配送におけるデファクトスタンダードの構築を目指す。

 今回の業務提携では、ゼンリングループが保有するドローン用3次元地図データや、経路検索エンジン、気象情報を、A.L.L.が開発したトラフィック管理プラットフォーム「C.O.S.M.O.S」と連結。ドローン物流管理システムや、マルチモーダル物流管理システムの構築、ドローン物流配送サービスの実現を目指す。

 両社は今後、新たなドローン物流配送システムを創出し、2021年度夏ごろより、過疎地におけるドローン物流配送の商用化を開始するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]