logo

日本MS、無料の診断ツール「リモートワーク診断」を提供--企業や組織の現状把握に

佐藤和也 (編集部)2020年11月04日 17時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは11月4日、PCやスマートフォンから質問に答えるだけで、企業や組織のリモートワークの現状を把握できる無料の診断ツール「リモートワーク診断」の提供を開始した。

リモートワーク診断
リモートワーク診断

 リモートワーク診断は、PCやスマートフォン上で自社のリモートワーク環境に関する32問に回答することにより、経営・組織文化、情報基盤、業務設備、人事制度・安全性の4つのカテゴリごとに定着度、環境を点数化。リモートワークの実態を診断する無料の診断ツールとなっている。開発にあたっては、ネクストリードと連携し、日本マイクロソフトが自社で実践してきた働き方改革のノウハウ、ネクストリード株式会社の知見、経営層向けリモートワーク実態調査からのインサイトを集約したものとしている。

 このほか、診断結果を16種類に分類された「組織タイプ」をキャラクターで表示。SNSで共有する機能も搭載しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]