logo

「Apple One」、米国時間10月30日に提供開始へ

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月30日 12時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが新サービス「Apple One」の提供を米国時間10月30日に開始する。最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏が29日の第4四半期決算発表会で明らかにした。この直前には最高財務責任者(CFO)Luca Maestri氏が、BloombergとのインタビューでApple Oneの発売日を明らかにしていた。Maestri氏はその際、「Apple Fitness+」も年末までに提供予定だと発言している。

キャプション
Apple Oneは音楽、フィットネス、ゲームをカバーする新しいバンドルサービスだ。
提供:Apple/Screenshot by CNET

 Apple OneはAppleのさまざまなサービスをバンドル化したサブスクリプションで、支払額に応じて、同社の提供するサービスを複数利用することができる。提供されるサービスの中には、「Apple Music」、「Apple TV+」、「Apple Arcade」とApple Fitness+が含まれており、「iCloud」のストレージ利用権も付属する。

  • 月額14.95ドル(日本では1100円)の個人向けプラン:Apple Music、Apple TV+、Apple Arcadeと50GBのiCloudストレージ
  • 月額19.95ドル(同1850円)のファミリープラン:Apple Music、Apple TV+、Apple Arcadeと200GBのiCloudストレージ
  • 月額29.95ドルのプレミアプラン(日本での提供予定は不明):Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、Apple Fitness+、「Apple News+」と2TBのiCloudストレージ
Apple One
提供:Screenshot/Apple

 Appleの公式ウェブサイトでは、依然としてApple Oneの登場時期を「この秋」と記載している。

 Apple Fitness+は多様なワークアウトプログラムを無制限に利用できる月額課金サービスで、プログラムには高強度インターバルトレーニング、ヨガ、サイクリング、トレッドミル、ダンス、コアトレーニング、筋力トレーニング、ローイング、クールダウンが含まれている。プレミアプランを選択しない場合、Apple Fitness+は月額9.99ドルか年額79.99ドルで利用できる(日本での提供予定は不明)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]