logo

YouTube、米大統領選の開票結果へのリンクを表示へ--偽情報対策で

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2020年10月28日 13時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは米国時間10月27日、米大統領選挙直後の混乱を抑える取り組みの一環として、投票日である11月3日から選挙結果に関する情報へのリンクを表示すると発表した。

提供:Seth Rosenblatt/CNET
提供:Seth Rosenblatt/CNET

 YouTubeは、親会社のGoogleが検索エンジンで表示する選挙結果特集へのリンクを表示する。GoogleはThe Associated Press(AP)と提携し、選挙結果をリアルタイムで提供する。同社はこうした取り組みを、2020年の予備選や他の過去の選挙の際にも行っていた。

 このリンクを含む「インフォメーションパネル」が、選挙に関する動画の下や、選挙に関係したキーワードでの検索結果ページに表示される。インフォメーションパネルには次のような説明文が付く。「結果は確定していない可能性があります。Googleで最新の結果をご覧ください」

提供:YouTube
提供:YouTube

 この発表は、投票日のちょうど1週間前に行われた。新型コロナウイルスのパンデミックと郵送投票の増加が理由で、票の集計が投票日以降も継続し、結果の確定が遅れると専門家らは予想している。専門家らによると、偽情報の拡散者はこうした遅延を利用して混乱の種をまき、陰謀説を広めようとするという。

 Twitterも26日、同様の取り組みを発表した。同社によると、選挙結果の発表の遅れや偽情報の可能性などを伝えるメッセージをアプリに表示して、ユーザーを啓発するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]