logo

トヨタシステムズ、デジタル通貨の実証実験を社内で実施--社員2500人が対象

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタシステムズは10月26日、ディーカレットとデジタル通貨に関する実証実験を10月より共同で開始したと発表した。

キャプション

 同実験では、ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用。実験用の独自デジタル通貨(有効期間は6カ月以内)を発行し、同社の福利厚生における決済処理や自動化についての技術的な検証を行う。実験には、同社全社員である2500人以上が参加し、ブロックチェーンにおけるP2Pモデルのスケーラビリティの課題や、多数の参加者による業務運用性課題なども探る。

 具体的には、社員が福利厚生として付与されたデジタル通貨を、実験専用に用意されたカタログギフトや福利厚生ポイントへの交換に利用する。交換されると、その記録がスマートコントラクトに書き込まれ、取引額に応じたデジタル通貨が全社員に用意された専用のウォレットから、商品・ポイントのウォレットへ即座に送付する。

 プラットフォームは、利用企業が自身のブランドでデジタル通貨を発行可能な機能を備え、スマートコントラクトを利用した処理の実装に対応するのが特徴。取引にまつわる一連のプロセスを効率化し、少額のやり取りもリアルタイムに実現。ダイナミックプライシングなどのブロックチェーンの特性を生かしたサービス展開を支援するという。

 トヨタシステムズによると、クルマが移動手段から生活の一部と進化していく中、次の未来を築くためにさらなる生産性・競争力の向上が必要だという。今回の実証実験で得た課題をもとに、サプライチェーンや企業間取引におけるデジタル通貨の活用を研究する。

 また、ディーカレットでは、プラットフォームの事業化を目指しており、既存の決済サービスへの価値移転や交換機能・サービスなど、デジタル通貨の利便性を高めるサービスの提供を増やしていく予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]