logo

Facebook、VRでキーボードを使わずタイピングする技術を披露

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年10月22日 12時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)空間でオフィスワークをこなすのは容易ではない。VRヘッドセットをウエアラブルモニターとして使うことはすでに可能だが、特に支障になるのはキーボード操作だ。そこでFacebookは、物理キーボードをまったく使わずにハンドトラッキングだけでタイピングする方法の開発に取り組んでいる。

FacebookのVRによるタイピング
提供:Facebook

 Facebook Reality Labsは、UI技術に関するシンポジウム「ACM Symposium on User Interface Software and Technology(UIST)2020」で最新の研究プロジェクトを発表し、デスク上で1分間に最大73個の単語をタイピングする様子を披露した。ただし、このプロジェクトはVRヘッドセットの「Oculus Quest」には対応していない。Oculus Questはすでにハンドトラッキングに対応しているが、タイプ入力はサポートしていないからだ。今のところ、この研究プロジェクトでは、モーションキャプチャーマーカーを散りばめた特別なグローブと追加のトラッキングセンサーを利用する方式を採用している。だが最終的には、OculusのVRヘッドセットで現在ハンドトラッキングするのと同様に、ハンドトラッキングでタイピングできるようにすることを目指している。

 Facebookは、ゆくゆくはVRでキーボードを使わないタイピングを可能にし、最終的にはスマートメガネでもアクセサリー類を一切使わないタイピングを実現したい考えだ。

仮想キーボード
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]