logo
新型コロナウイルス関連

ヤマハ、アーティストのライブを再現する「Distance Viewing」--映像、音、照明がステージに蘇る

加納恵 (編集部)2020年10月20日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月19日、アーティストのライブをステージ上にバーチャルで再現する「Distance Viewing(ディスタンスビューイング)」を公開した。等身大映像と本番同様の照明演出を実施し、アーティストのパフォーマンスをステージ上に蘇らせる。

「Distance Viewing」による音楽ユニット「ORESAMA」のライブ
「Distance Viewing」による音楽ユニット「ORESAMA」のライブ
スクリーン上にアーティストがあらわれ照明演出はリアルなものを使用している
スクリーン上にアーティストがあらわれ照明演出はリアルなものを使用している

 Distance Viewingは10月19日、東京都渋谷区のライブ&カフェ・スペース「Veats Shibuya」で「ヤマハ、ORESAMA、Veats Shibuya presents LIVE ON DISTANCE VIEWING “Gimmme!”」として開催。音楽ユニット「ORESAMA」が前日の10月18日に行ったライブを固定カメラで撮影。プロジェクターとスピーカーで再生したほか、照明演出もそのまま再現することで、ステージをそのまま映し出す。

 開発したのは、新型コロナ感染拡大の影響を受け発足したヤマハグループ内の「Yamaha COVID-19 Project」。5月から開発に着手し、7月に完成。10月に披露という急ピッチで公開までこぎつけた。

 Yamaha COVID-19 Projectは4月下旬に発足。音楽業界に対する危機感の高まりから、社内でアイデアを募集し、5つほどのプロジェクトを進めているという。その中から楽器を吹く時に呼気が飛びづらい鼻から下のフェイスシールドや、ドラムのハイハットスタンドを利用した消毒スタンドなどを制作。作成用のデータを無償公開している。

会場にはYamaha COVID-19 Projectの1つとして開発したドラムのハイハットスタンドを利用した消毒スタンドが置かれていた
会場にはYamaha COVID-19 Projectの1つとして開発したドラムのハイハットスタンドを利用した消毒スタンドが置かれていた

 Distance Viewingもこの取り組みの一環としてスタート。厳しい状況にある音楽業界、ライブハウスに携わる人々に対し、何かサポートできないかという思いから開発に踏み切った。

 ヤマハでは、アーティストの演奏を保存し再現するシステム「Real Sound Viewing」を発表しており、Distance Viewingはこれをベースに開発。「楽器に振動を加える特殊な装置を取り付け、楽器で再現するReal Sound Viewingに比べ、Distance Viewingは、楽器の音の再現を一旦見送り、それ以外の部分を再現することで、できるだけ早く提供することを目指した」(ヤマハ デザイン研究所主事の柘植秀幸氏)という。

 ライブ会場で記録した音響、映像、照明データをDistance Viewingシステムに保存し、ライブ時の音響再現に加え、照明、映像を再現することが可能。今回のライブでは使用されていないが、リモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD」との連携もでき、声をリモートで届けることも可能としている。

「Distance Viewing」のシステム概要
「Distance Viewing」のシステム概要

 今回のライブは、7月のシステム完成後、協力を得られるライブハウスとアーティストを探して開催したとのこと。チケット代はドリンク代込で1500円。ORESAMAはライブ演出が凝っており、ライブが非常に楽しいアーティストとして、協力を依頼したという。

 Veats Shibuya 店長の川上貴也氏は「新型コロナにより、ライブハウスは大打撃を受けている。2019年秋の段階で1カ月の来場者数は1万5000~6000人程度だったが、2020年9月は400~500人。このままだと音楽の始まりの場所であるライブハウスの運営が厳しくなる。こうした取り組みにより、音楽の火を絶やさず、各地のライブハウスにファンが戻ってくる日がくればいいと思う」と現状を説明した。

 今後は事業として継続を続け、チケット代からDistance Viewingの実施代を得るなど、収益化を模索していくとのこと。今回、スクリーンとプロジェクター、スピーカーを使って再現していたが、ライブハウスの規模に合わせた機材構築なども可能。機材のレンタルなども検討しているという。

ステージ上のセット
ステージ上のセット
左から、ヤマハ Yamaha COVID-19 Projectリーダーの畑紀行氏、ヤマハ デザイン研究所主事の柘植秀幸氏、Veats Shibuya 店長の川上貴也氏
左から、ヤマハ Yamaha COVID-19 Projectリーダーの畑紀行氏、ヤマハ デザイン研究所主事の柘植秀幸氏、Veats Shibuya 店長の川上貴也氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]