logo

ヤマハ、遠隔地からスタジアムに声援を届けるリモート応援システムの実証実験を実施

加納恵 (編集部)2020年05月18日 16時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは5月18日、リモート応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD」の実証実験を5月13日にエコパスタジアムで実施したと発表した。自宅でテレビやネット中継を見ながらスタジアムに声援を届けられる。

離れた場所からスタジアムにアプリで声援を送信できる「Remote Cheerer powered by SoundUD」の臨場感などを検証した
離れた場所からスタジアムにアプリで声援を送信できる「Remote Cheerer powered by SoundUD」の臨場感などを検証した

 実証実験は、ジュビロ磐田と清水エスパルスの協力を得て実現したもの。スマートフォンアプリなどからボタンをタップしたり声を吹き込んだりするだけで、現場に声援を届けられるリモート応援システムで、会場各所に設置されたスピーカーから声援が届く。どのスピーカーから音を出すかも選択でき、自宅にいながら応援するクラブのゴール裏より歓声を送るなど、観客席にいるかのような感覚で楽しめる。

 実験は、無観客試合を想定して実施。合計58台のスピーカーをスタジアム各所に設置し、ジュビロ磐田、清水エスパルスの両社オフィスなどから、スマートフォンを経由して、歓声や拍手、ブーイングなどの声援を送ったほか、特定の応援団のみがタップ操作でチャント(応援歌)を流せるようにし、それにあわせて参加者全員が手拍子を送ったりすることでシステムの有用性を検証したという。

観客向けアプリ/応援団向けアプリ(画像は開発中のもの)
観客向けアプリ/応援団向けアプリ(画像は開発中のもの)
会場の様子。スタジアム内にスピーカーを設置した
会場の様子。スタジアム内にスピーカーを設置した

 5万人収容の大規模スタジアムでも十分な臨場感が得られたほか、既存の設備やアナウンスとも調和が図れること、クラブごとに送音ゾーンを分けることで観客動員時に近い雰囲気作りが行えることなどが確認できたとしている。

 ヤマハでは、このシステムの開発、普及を進めることで、通常時のみならず、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客試合などが実施される現在の状況下でも、安心、安全にスポーツ観戦を楽しめる環境づくりを推進していきたいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]