logo

セーフィーとVAAK、クラウドカメラによる映像解析AIソリューションの連携を開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セーフィーは10月8日、同社のクラウド録画サービス「Safie(セーフィー)」と、VAAKの映像解析AI「VAAKEYE」を連携したセキュリティソリューションの提供を、11月1日より開始すると発表した。

セーフィーとVAAK、クラウドカメラによる映像解析AIソリューションの連携開始
セーフィーとVAAK、クラウドカメラによる映像解析AIソリューションの連携開始

 連携により、施設にSafieカメラを設置するだけで、Safieで撮影した映像をAPI連携で転送し、VAAKEYEによるAI解析を開始することが可能となる。すでに設置済みのSafieカメラでも、VAAKEYEとの連携が可能だ。

 Safieは、クラウドカメラを設置し、インターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画サービス。一方のVAAKEYEは、防犯カメラから映像を取得して解析し、検知した人物行動や異常をスマートフォンやPCに通知する、映像解析AIソリューション。施設内での不審行動や禁止行動、災害、設備異常、業務行動、来訪者行動などを検知する。

 なお、今回の連携サービスを利用するには、Safieの利用料とAPI利用料に加え、VAAKEYEの月額利用料(1万8000円~)か必要となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]