マイクロソフト、VR版「Microsoft Flight Simulator」のベータテスターを募集

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Windows向けフライトシミュレーター「Microsoft Flight Simulator(MSFS)」のVRゴーグルでプレイできるVR版を開発するにあたり、参加者限定ベータテストへの協力者を募集開始した

VR版のベータテスターを募集(出典:Microsoft)
VR版のベータテスターを募集(出典:Microsoft)

 Microsoft Flight Simulatorは、飛行機の操縦をPC上で楽しめるシミュレーションゲーム。2020年8月に久しぶりの新作がリリースされた。リアルな操作感が特徴で、VR対応により没入感が高まるだろう。

 ベータテストに参加できるのは、18歳以上のみ。機密保持契約(NDA)への同意と「MSFS Insider」への登録も必要。テストでは、dxdiagコマンドで起動するDirextX診断ツールの情報送信が求められる。

 テストに必要なPCやMicrosoft Flight Simulator、VRゴーグルは、参加者が用意する。テストの第1段階で使用可能なVRヘッドセットは、MicrosoftのVRプラットフォーム「Windows Mixed Reality(WMR)」に対応したモデルのみ。それ以外のVRヘッドセットは、第2段階に入ってから使えるようになる。

 そのほかに、OSやCPU、GPU、メモリ、ストレージ、通信回線などの要件も指定されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]