logo
Kickstarter

LEDマトリクスで口の動きを表現するマスク「JabberMask」--笑顔などで表情豊かに

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に有効だとして、街にはマスク姿の人があふれている。そうした状況で気づいたのは、マスクで口元が隠されると、コミュニケーションが意外と難しくなることだ。口が見えなくなる影響なのか、話し手の意図をとりかねることが増えた。

 そこで、LEDマトリクス表示で口の動きを表現したり、絵文字などで気持ちを伝えたりできるマスク「JabberMask」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

口の動きをLEDで表現(出典:Kickstarter)
口の動きをLEDで表現(出典:Kickstarter)

 JabberMaskは、6×6ドット表示または8×8ドット表示のLEDが組み込まれたマスク。装着した状態で話すと、内蔵マイクが声を拾い、その声に応じてLED表示が変化する。LEDの光り方で口の動きが表現されるため、マスクを着けたままでも口元が見えるように感じる。絵文字に対応しており、舌を鳴らしたら笑顔の口元を表示する、といった機能も備える。

LEDの光り方が変わる(出典:Kickstarter)
LEDの光り方が変わる(出典:Kickstarter)

 上位モデルの「JabberMask Pro」にはスマートフォン用アプリが用意されていて、絵文字や表示する文字の設定、LEDの輝度調整などが可能。さらに、絵文字表示などを手元で制御できるリモコンが付属する。

口の動きをLEDで表現(出典:Kickstarter)
口の動きをLEDで表現(出典:Kickstarter)

 マスクはコットン製で、LEDなどが取り付けられた部分から取り外して洗える。電源は、俗に単6形と呼ばれるAAAAタイプの電池4本。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月10日まで。記事執筆時点(日本時間9月25日14時)でキャンペーン期間は15日残っているが、すでに目標金額5万ドル(約526万9000円)を上回る約5万9000ドル(約621万7000円)の資金を集めている。

JabberMaskの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]