logo

LINE、自分にそっくりな「アバター」が作れる新機能を公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは9月25日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、自分にそっくりな「アバター」が作れる新機能を公開したと発表した。スマートフォン版「LINE」のバージョン10.16.0以上で利用できる。


 作成したアバターは、LINEや各種SNSのプロフィールアイコンとして利用できる。また、LINEプロフィールのデコレーションやトーク、タイムライン、ストーリーからカメラを立ち上げてアバターを選択すると、撮影画面の中にアバターを登場させることができる。


 アバターでは、ヘアスタイル、顔、目、眉、鼻、口、メイク、ひげ、メガネの9種について、カスタマイズに対応する。コスチュームは、セットアップ、トップス、ボトムス、靴下、靴、ヘアアクセサリーなどの6種類を用意。さらに、顔型やパーツのサイズ、肌の色、髪色などの微調整にも対応している。


 加えて、「フォトブース」では、アバターを使って遊ぶことが可能。さまざまな表情や動きのアバターを選び、スマートフォンに保存している写真とアバターを合成するといった使い方ができる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]