logo

混沌とするTikTok米事業の行方--トランプ大統領、提携を認めない可能性示唆

Andrew Morse Queenie Wong Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月23日 08時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OracleとWalmartによるTikTok米国事業の取得をめぐって、複雑な資本・運営体制についての詳細が関係者間で議論される中、この取引の雲行きが怪しくなっているようだ。

TikTokのロゴと星条旗
提供:Angela Lang/CNET

 Donald Trump米大統領は米国時間9月21日、Oracleらの提案により設立計画が浮上している新会社TikTok Globalの株式の一部をTikTokの親会社である中国企業の字節跳動(バイトダンス)が保有するなら、提携案の承認を撤回すると述べた。この提携案では、米国企業であるTikTok Globalを「12カ月以内に」新規株式公開(IPO)させ、OracleとWalmartがTikTok Global株式の計20%を保有する計画となっている。さらに、TikTok Globalは米国ユーザーへのサービス提供に関し、Oracleのクラウドコンピューティングサービスを使って事業を運営するとされている。

 Trump氏はFox Newsに対して、「Oracleが運用するクラウド上に、すべてが移されることになる」と述べ、「Oracleが完全に支配することになる(中略)Oracleが完全な支配権を持たないのであれば、われわれは合意を認めない」とした。

 Trump氏のこの発言の背景には、TikTok Globalの設立に関する合意についてのパートナー間の解釈の違いがある。

 バイトダンスは先週末、IPOが実施されるまではTikTok Globalの株式80%を維持すると述べた(なお、バイトダンス株式の約40%は米国の投資家が保有)。一方、Oracleのある幹部は21日午前、バイトダンスは新会社の株式を保有しないと述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]