logo

MetaMoJi、歯科医院向けデジタルノート「MetaMoJi Dental eNote」体験版

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MetaMoJiは、歯科医院向けスーパーデジタルノート「MetaMoJi Dental eNote」の体験版を、直販サイト「MetaMoJi Direct」を通じて提供開始した。

 販売は10月を予定しており、価格は1ユーザーあたりの月額利用料は4000円(税別)となる。

 MetaMoJi Directでは、これまで法人向けに提供していたモバイル端末用高機能アプリが小規模・少額で購入可能。これにより、少人数からのスタート、小口決済、短期間の利用など、利用者の要望に応えられるとしている。

 なお、歯科医院向けの業務特化ソリューションと、テレワーク用のソリューションの販売から開始し、順次拡充する予定だという。

 MetaMoJi Dental eNoteは、問診票・治療記録・治療計画書などを取り込み、紙書類を紙とペンと同じ感覚で自由に手書きできる歯科医院向けデジタルノートサービス。

 
 

 専門用語1万5000語を登録して強化された手書き文字入力システム「Dental mazec」を標準搭載し、専門用語や入力が面倒な用語を簡単に入力できるのが特徴。

 また、入力が面倒な歯式・歯列などのアイテムや、業務用テンプレートを多数用意しており、すぐに使い始めることが可能。業務テンプレート・帳票には、チェックボックス、日付入力、選択入力などが設定ができ、入力の効率化、入力ミスの防止に役立てられるという。

 
 

 加えて、治療中の写真や動画を貼り付けにも対応。余白がない場合でも、ページ外に文字入力や写真・動画が貼り付けられるようになっている。

 さらに、よく使う機能、アイテム、テンプレート、ペンセットをツールボックスにまとめて登録可能。業務ごとに作成し、必要に応じて切り替えて使うことも可能。

 タイトル名・作成者などの項目で検索・絞り込みにも対応し、多数の治療書類から必要な書類を素早く探し出せるほか、検索条件を登録にも対応する。

 
 

 治療記録・治療計画書などを複数人が同時に書き込み、内容をリアルタイムに共有できる「Share」機能を搭載。

 治療室と受付や医師同士が同じ情報にアクセスでき、正確な意思疎通を図ることが可能になる。また、業務報告書・各種申請書など、治療業務以外の書類の共有に利用もできるという。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]