logo

ファーウェイの「Harmony OS」、2021年にはスマホに搭載へ

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年09月11日 11時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華為技術(ファーウェイ)の最高経営責任者(CEO)Richard Yu氏によると、同社が開発した「Harmony OS」は早くも2021年にはスマートフォンに搭載され始める可能性がある。Yu氏は現地時間9月10日、「Huawei Developer Conference」で講演し、Harmony OSの最新バージョンについて説明した。同OSは完全にオープンソースのプラットフォームで、現在よりも高性能なデバイスに搭載される予定だ。

Harmony OS
提供:Fred Dufour/AFP via Getty Images

 2019年に初めて発表されたHarmony OSは、Appleの「iOS」やGoogleの「Android」に対抗するものだ。米国政府によって米国のテクノロジー製品やサービスの利用を禁じられた際、ファーウェイは、それまで利用していたGoogleのサービスに取って代わるものとしてHarmony OSを設計した。

 Yu氏は基調講演の中で、Harmony OSが「おそらく来年から」スマートフォンに搭載されると語った。ファーウェイの広報担当者はその後、米CNETに対し、2021年にHarmony OS搭載のスマートフォンを発売すると認めた。

 Yu氏によると、ファーウェイはこの1年間、「App Gallery」(ファーウェイ版の「App Store」または「Google Play」)の成長に注力し、開発者を引き込んできたという。同社は今、世界で3番目に大きいアプリのエコシステムを提供しているとうたっている。

 ファーウェイによると、Harmony OS向けに開発されたアプリは、スマートフォンだけでなく、テレビやスマートウォッチ、車載システムなどでも動作し、他のスマートフォンメーカーだけでなく、あらゆる種類のテクノロジー企業に可能性を開くという。

 同OSのベータ版はテレビとスマートウォッチ向けに提供が開始されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]