logo

Robot Home、キーノートのレジデンスに「Residence kit」を標準搭載

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TATERUの子会社であるRobot Home(ロボットホーム)は9月9日、プロスペクトの子会社であるキーノートと、IoT機器の戦略的活用の促進を目指した業務提携契約を締結した。


 ロボットホームは、物件の構造や間取りにとらわれずに導入することが可能な、Wi-FiモデルのIoT製品「Residence kit」を提供している。今回の業務提携により、キーノートが開発するレジデンスに、Residence kitを標準搭載する。

 Residence kitの導入により、ホームエントランスで入居者を呼び出すとアプリに通知が届き、入居者は外出中でもアプリ上で来訪者の確認や対応が可能。専有部にスマートロックを設置することで、鍵のかけ忘れが無くなり、必要な場所にタグセンサーやウェブカメラを設置して使用することで、防犯面も向上する。

 部屋には学習リモコンが設置され、テレビやエアコンなど、赤外線で操作する家電を専用アプリでコントロールすることが可能。全てのIoT機器は専用アプリと連携しているため、難しい設定をすることなく、家電の操作が可能だ。

 さらに、ロボットホームとグローベルスが管理するそれぞれの賃貸物件の間で、入居者が住み替える際、Residence kit の入居者用アプリやタブレットを介して、両社の物件案内が可能となる。これにより、入居者のスマートな暮らしの継続を実現するなど、両社のシナジーを最大限発揮する、さまざまな取組みを行っていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]