logo

「共有すべきでないことがある」--アップル、iPhoneのプライバシー設計をアピール

坂本純子 (編集部)2020年09月04日 12時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは9月4日、プライバシーテーマにした新CM放映を始めた。YouTubeでも同様の映像が見られる。

 「共有すべきでないことがある」と訴え、ユーザーがブラウザで閲覧した内容を勝手にトラッキングしない、メッセージも送った相手しか読めない、購入履歴やクレジットカード情報も守られ、外には漏れないことをアピールする内容だ。

 最先端のスマートフォンを使う代わりにプライバシーをあきらめる必要はない。「iPhoneは、個人情報を自分でコントロールできるようにし、プライバシーを守るように設計されている」とメッセージを表明することで、アップルのブランディングや他社と差別化を強化する狙いがある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]