logo

インド政府、中国製アプリの取り締まり強化--新たに118種類を禁止に

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月03日 08時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インド政府は現地時間9月2日、サイバーセキュリティ上の懸念を理由に、中国企業と関連のある100種類以上のモバイルアプリを禁止した。禁止されたアプリのなかには「Alipay」「Baidu」「Youku」「PUBG」などが含まれている。

Tik Tokロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 この件に関するインド電子情報技術省のプレスリリースには、今回禁止の対象となった118種類のアプリ名が記されている。同省では、これらのアプリによるデータの取り扱いなどに関して苦情が寄せられていたと説明している。

 「『Android』と『iOS』の各プラットフォーム上で提供されている一部のモバイルアプリについて、ユーザーデータを盗み、不正な形でインド国外にあるサーバーにひそかに送信しているという悪用の報告が複数寄せられている。インドの国家安全と防衛に敵対する組織による、このようなデータの収集、マイニング、プロファイリングは、究極的にはインドの統治権と完全性を侵害するものだ」と、同省のプレスリリースには記されている。

 インド政府は6月、中国との国境係争地での軍事衝突で20人以上のインド軍兵士が死亡した後、絶大な人気を誇る中国の動画共有アプリ「TikTok」や「WeChat」「Weibo」など、あわせて58種類のアプリを禁止としていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]